ちゅんの体内時計

10/03/2011

母が留守だとちゅんはとたんに元気をなくす。
母がいても甘える様子はそんなになくて、どちらかというと私や父に甘えたりまとわりつくことが多い。
それなのに、母が家にいないと、誰にも甘えてこなくなる。
部屋の隅のタンスの高いところからじっとこちらを静かにうかがっている。
呼んでも、お腹がすいていなければ来なかったりする。
安心していないのがわかる。

母は毎日が規則ただしい。
私は全然規則ただしくない。
家にいないこともあるし毎日まちまちの時間に出かけ、ご飯も食べたり食べなかったりする。
父もあまり毎日が固定されていない。

ちゅんはすごくこちらの一日の生活を読んで、うかがっているようなところがある。
母のような、基準になるひとがいない生活はいっときも気が抜けなくてつかれてしまうんだろう。
母がいると毎日のリズムが取れるから、その上で甘えたりふざけたりすることができるのだろうな。

今は母がいるから、ちゅんは元気だ。
私も規則正しい毎日を送ってあげたいけど…けっこうむつかしいなあ。