* 淡路島日記/CANADIAN COFFEE HOUSE

09/26/2009


昼間は淡路島、宿泊は徳島という移動の毎日でした。
現場に向かう途中にいつもこのブッシュ・ド・ノエルのようなカフェが見えて気になっていたので、
とある日少し早起きしてカフェで朝ごはんをすることにしました。

お店のなかはこんな感じ。
入ってみると想像よりも少し大きい建てものってあるけれど、これもそのタイプ。
よく使い込まれた木のつや。

とある本に“底光り”を外国のひとに説明する場面があって、
外側から光が当っているのではなくてなにかそのものから湧き出るような、
それが皮膚を通してふつふつと染み出してくるような光、
というような説明をしていたな。
ふと思い出した。

この小屋の内部が底光りしていたというわけではないんだけれど。

みどり色の花は珍しい。

こんな風にぼさっと飾られている花も好き。

はなちゃん。
私のまわりの女の子はみんな、ぴかぴかしている。
はなちゃんも深いところから静かに輝いているひと。

どこにピントを合わせているんだか。


こつばめ