houseki

01/05/2010


ときどき、ちゃんとひとなみに生きてゆけるのかわからなくなることがある
なにかを傷つけたり失ったりすることを恐れているわけじゃない
もうおとなだから

おそれているのはもっとすごくかんたんなことなんだ
まるでこどもみたいに
+

真夜中の空に問いかけてみても
ただ星が輝くだけ
こころからとけだした黒い湖へと
流されていくだけ

もう一度天使はぼくにふりむくかい?
ぼくのこころで水浴びをするかい?
やがてくる冬の風に波が揺られて
闇の中へぼくを誘う

氷のように枯れた瞳で
ぼくは大きくなってゆく
誰もよせつけられない異臭をはなつ宝石

こころからしみでた黒い空に
今夜も星は輝くだけ
やがてくる春の光
息を吸い込んだ

('宝石'-タテタカコ)