岩手/薪能の準備をみる

09/20/2010


能の準備ができるまであちこちをうろうろして写真を撮った。



雨はだいぶ小止みになってきていた。

能がはじまるまでに止まないとたきぎが焚けないですね、という話から、薪能というのはたきぎを焚きながらするから薪能なのではなくて、たきぎを神様に奉納するための儀式なのだ、ということを知った。
お米とかお酒を神様におさめるように、火も神様にささげる。

火と水は正反対な気がするけれど、その性質の持つ役割はおなじなのだなあということを思った。
清めて、はらって、破壊して、次のスタートを与える。

けれど自然にあるものすべての最期のすがたのことを思ったら、なんでもそうだと言い得るのかもしれない。


おみくじ売り場