21:52

02/26/2012


いつだってひとと向き合うことだけがこわいこと、といえるとしたら踊ることや撮ることでそれから距離を置けると思っていたのかもしれない。
でもまったくそうではない、それは大きな間違いだった。

咳がひどくて破れたのどにハチミツを流し込むみたいに、きゅうっと痛くて。

世界とはなれて知ることなんて、きっとわずかだ。