交わるところ

04/09/2012

感覚と意識とをすり合わせている様子を見ている。
分けながら、わかろうとしている。
そういうことだけには誰も立ちいることができなくて正解も自分だけのものなのだろう。

ふと空をみたら遠くからわたしをひよどりが見ていた。