とりこぼしばかりだけど、

11/01/2012

なぜか焦ってはらはらと過ごしてしまう時にはやるべきことをやるしかない。やるべきことをする時間ができるまで待つしかない。ひとりでできるひとつは方法を知ってる。稽古すること。本を読むことは、少し問題を先延ばしにするだけになることが多い。ひとりじゃなくてもできることは誰かと話すことなのだけれどただ甘えてしまうような時間のためだけに誰かを呼び出すのはいやだ。

更新されないことばについてずっと考えている。
他のことでは変えられないからずっとそこにとどまる。
選べることならもうとっくに動いている。
釘づけにされているあいだに、時間が違う選択肢を見せてくれるかもしれない。
たぶんたくさん見当違いなことをやる。
それでもいいんだ、選んだらまたわたしの場所は変わるんだから。