砂に研がれた貝殻みたいな

11/27/2012

父さんのカメラは私が生まれる1年前にうちにきた
古くて手入れをしていないからなんとなく白くもやんと夢の中のようになる
(そしてこの黒い影はなんだろ、いつもあるわけじゃないのだけれど)

現像からあがってきたフィルムを並びのままみるのがすきだな
その場には示されていない時間こそをしめす一連の瞬間は、とまっているのに歯止めもきかず動いて流れていく
記憶は過ぎていった時間のことをいうのじゃあないのだな、