Line展のお知らせなど

11/01/2010


写真がただたのしいぞー!というところを抜けて(というか抜けなきゃいけないと気付いて)足元がすうすう、実体のないこの今までなんとなく撮ってきちゃった、というぽっかりとした穴をなんとか考えるチカラで埋めないといけないと思うようになったこのごろ。
面白いもので、でも考えれば当然のことながら、ちょうど踊りもそんな崖っぷち。
問題は同じところから流れてきてる。
だからひとつ的を当てたら何か得したね、のダブルぼたもちになるはず。
それが楽しみだから崖を削ってみようかな。

+

写真展の本番がついにちょうど2ヶ月後。
半年ずっとルーニィに展示をさせていただいてたくさんものを考えたり少しは写真が上手になったかなあなんて思ったのもつかの間、それは春の蝶の見る夢のようにふわふわと頼りないものだと思い知る。
などしながら、2ヶ月(は実質ないけど)どれだけ考えられるか、そんな過程を一緒に展示するマスナリジュンさんとの書簡日記にも書いていきます。
制作秘話などありません。
全部公開。
手紙あり、トーク(ustream)あり、チャットあり(予定)、ゲストも招くし視聴者も参加できる(予定)、でも書簡ブログです。